炭酸水を飲むだけでいろいろな効果が得られる

レディ
  1. ホーム
  2. 飲み心地の良さの違い

飲み心地の良さの違い

コップを持つ人

天然炭酸と人工炭酸がある

世の中に出回っている炭酸水の中には、水を汲み上げた段階から二酸化炭素が含まれている天然タイプのものと、人工的に二酸化炭素を添加したものの二種類があります。天然で二酸化炭素が配合されている製品は、ミネラルもバランスよく配合されているものが多いです。特に二酸化炭素の濃度が高いものを飲みたいと思った時には、人工的に二酸化炭素を添加されたものが選ばれる事もあります。二酸化炭素は濃度が高くなるほど、炭酸の刺激を口内や喉で楽しみやすくなるために、刺激を求める方々は人工の製品を選ぶ事も珍しくありません。ヨーロッパなどの地域では人工的に炭酸を加えても、加工製品としては認められない事も多いために、ナチュラルミネラルウォーターという名目で販売されている事も多いです。天然の炭酸水にこだわりを持っている人は、その製品がどの地域で製造されているものなのか、確認してから天然か人工か見分ける事も重要となります。どのような原水を使っているのかを基準に炭酸水を比較する事も重要で、原水によっては想像以上にミネラルが含まれており、風味に影響を与えてしまう事もあるためです。しかし度数の強いアルコールなどに混ぜて使うために、水を選んでいる時には水の硬度はそこまで味に影響しないと言われる事も少なくありません。テーブルウォーターとして活用する際には、ミネラルの少ない軟水が選ばれる事も多いです。二酸化炭素の濃度によっても、炭酸水の風味が変化する場合もありますが、そこまで大きな変化ではありません。